イロいろは ~日常生活の色々なノウハウ情報マガジン~

新着記事
  食材を美味しく味わうために生まれた「だし」。   長い歴史の中で脈々と育まれてきた多彩 ・・・[続きを読む]
  毎食、食事量を腹七分目にセーブすれば、必ずキレイに痩せます。   一般的な成人女性が1 ・・・[続きを読む]
  人は歳とともに基礎代謝量が低下します。   30代以降も20代と同じ生活を続けていれば ・・・[続きを読む]
  水分摂取は、少なくても多過ぎてもよくありません。   少ないと体の新陳代謝がうまくいか ・・・[続きを読む]
  全身の細胞をみずみず保つ、キレイのための水分補給は朝一番の白湯。   寝起きで冷えた体 ・・・[続きを読む]
  「朝食を抜かない」「野菜から食べる」といった食事習慣に加えて、間食をやめれば無理なく体重は落ちま ・・・[続きを読む]
    脂肪分、糖分、塩分のとり過ぎが避けられない外食では、最初にサラダのオーダーがマスト ・・・[続きを読む]
  ごはん、パン、うどん、パスタなど、主食となる穀物はどれも、血糖値を上げる「糖質」の塊。 &nbs ・・・[続きを読む]
  雑穀米にダイエット効果があることが、実験により明らかになりました。   主食を、白米だ ・・・[続きを読む]
  食事を制限して体重が減っても、肌が荒れたり、体力が低下するようでは、ダイエットの成功とはいえませ ・・・[続きを読む]
    食事の違いによる、減量効果を比較した実験があります。   比較したのは脂 ・・・[続きを読む]
  食品には、血糖値の上がりやすさに差があります。   これを数値にしたのが「GI」(グリ ・・・[続きを読む]
  遅い時間の夕食習慣には、朝食抜きや朝昼2食抜きと同様のリスクがあります。   昼食との ・・・[続きを読む]
  太る最大の原因は血糖値の急激な変動。   最も血糖値を上げるのが炭水化物(糖質)です。 ・・・[続きを読む]
  ダイエットに、カロリー制限は必須ですが、朝食を抜くのは逆効果。   反対に太ることもあ ・・・[続きを読む]
  ◻︎ 乗り物写真に前ボケを入れると季節感などを表現できる ◻︎ 前ボケする要素に日光が当たってい ・・・[続きを読む]
  ◻︎ 絞り開放のまま、花から少し離れて花全体にピントを合わせる。 ◻︎ 撮影距離を変える前に、ピ ・・・[続きを読む]
  ◻︎ マクロ撮影の基本は「寄ったら絞る」 ◻︎ 一部を見せたいなら絞りの開放、全体を見せたいなら ・・・[続きを読む]
  ⬜︎ 絞りをF8〜11に設定し、光の筋をシャープに写す ⬜︎ アンダー気味に露出補正をかけて光の ・・・[続きを読む]
  ⬜︎ 「ある程度」絞ることで立体感を強調する ⬜︎ 絞ることで周辺減光を防止できる   ・・・[続きを読む]
  ⬜︎ 画面隅々のディテールまで描写したい時はF8付近で撮る。 ⬜︎ 回析現象を防ぐためF11以上 ・・・[続きを読む]
  デジタル一眼の醍醐味といえば、やはりボケだろう。 では、ボケを得るためには、どうすればいいか考え ・・・[続きを読む]
光の量やピントの合う範囲をコントロールするのが「絞り」。 絞りの基本的な役割を理解して、撮影に活かせるようにな ・・・[続きを読む]